子供の名前をつけるのに画数や漢字の意味など全くしらべなかったのですが、
先日、【春風秋月】という印を彫るのに
【春】という漢字の成り立ちを今更ながら調べてみました。

三、人、日から成り立っているとおもいきや

大系漢字明解という本によると
日(ヒ) 屯(タムロ) 艸(クサ) からなりたっていて
「日は春日暖かなり。 屯は艸の寒気のために地上にでられぬもの。その屯が春暖のために推されて艸となる。これ春の義なり。」 とあります。

???
 
この本は昭和11年に書かれたモノで読んでいても意味がよくわからないのですが....
ようするに、暖かな太陽の日差しによって出てきた草の様子からこの字はきているようです。

なるほど! 草か! 
春の日差しのように温かく、草のようにたくましく生きていけるように、との願いから 【春】という名を付けた事にいたしましょう 笑

a0156039_23324926.jpg


                                            【木漆工とけし】の名入りの漆のお椀のセット

沖縄の母から出産祝いに何かという事で、沖縄の友人、木漆工とけしのお椀をリクエスト、とけしさんからもお祝いにと、セットにしてプレゼントしていただきました。
丁寧に作られた一生モノの道具  大切に使わせていただきます。
[PR]
by kozan-japan | 2012-04-02 23:45 | 言葉
<< 清明 あこがれの中国茶 >>