<   2012年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

モノ

a0156039_222826.jpg





















a0156039_2224275.jpg

















子供がうまれ家のなかに子供に必要なモノが沢山増えました。
モノはなるべく増やしたくないのですが、必要なモノはしかたない。
しかたのない事だとわかっているのですが...

モノを増やす時 間にあわせで増やすのが嫌な私
長く使えるのか?? 本当に必要か?? 自分のスタイルに合っているか?? 美しいか??

暮らしのモノを選ぶ事、これは他の方よりこだわりが強いとおもいますが
モノを作る者として、これだけは譲れない!譲ってはいけないモノなんだ!と
かわいくない自分に言い聞かせています。

スタイリストが服に
美容師が髪に
モデルが健康にこだわるように
私も暮らしには、こだわりたい


写真: 一抱えもあるサイズの桶、布オムツを洗うのに古道具屋から買ってきたモノです。
間に合わせで、プラスチックのモノを新しく買うのだけはどうしても嫌でした。
漆を塗り直せば、こんなにも美しい日本の道具が捨てられず、また長い間 使えます。


 
[PR]
by kozan-japan | 2012-02-29 22:18

一流

a0156039_1332025.jpg

尊敬する陶芸家の先生からお手紙をいただきました。
モノづくりにかける情熱は人並み以上、世間に評価されていても謙虚な姿勢で、
いくつになっても高みを目指す努力は惜しまない。やると決めた後の行動力は凄まじく、器を勉強する為に海外に少し行って来るそうです。

「日本の心を理解していなければ、決していいお茶碗は焼けません、外国の焼き物を焼くには、まずはその国の事を知らないといけないので...」

それこそが“一流”と言われる所以   カッコイイ。



















  
[PR]
by kozan-japan | 2012-02-23 13:37 | 言葉

住まいnet信州 vol.18掲載

a0156039_16414538.jpg


本日発売の長野県内版の住宅情報誌    “住まいnet信州 vol.18”の中の   【作家の仕事場 】という記事に4ページに渡り載せていただきました。 (p.184)

このコーナーでは、毎回長野県内で活動する作り手の工房を綺麗な写真で紹介しています。
はじめての工房取材で、緊張しましたが、ライターの方が私の思いを上手くまとめてくださいました。
長野県内のほとんどの書店で取り扱っているので、是非お手にとっていただけたらと思います。

(何故、まだ駆け出しの私を取材してくださるのか不思議でしたが、ライターの方がこのブログを見てくださったのがきっかけだったようです。
地道に続けているといいことがありますね。 感謝)
[PR]
by kozan-japan | 2012-02-18 17:00 | 掲載

鶏始乳

a0156039_16585862.jpg






















2月2日は七十二候の大寒末候にあたり暦の上ではギリギリ冬ですが、気持ちの上では春です。どうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by kozan-japan | 2012-02-16 17:14 | 暮らし

雑誌 【和楽】 3月号掲載

a0156039_12543550.jpg


本日発売の和楽 は「茶の湯」特集
 “暮らしのなかに茶の湯のこころを。” という記事で(P.84)
いつもお世話になっている一品更屋さんが欅杢茶箱、黒柿茶杓を紹介していただきました。

一緒に写っている作品は、新宿伊勢丹でご一緒した陶芸家 望月 薫さんと 金工家 中村 友美さん
前ページには、これまたお世話になっている古美術祥雲さん!

和楽は、この仕事をはじめた頃からずっと憧で、毎回、日本の美しい文化を発信されている雑誌です。
初めての雑誌掲載が和楽だなんて!

今回の特集も日本文化がぎっしり詰まっています。
是非ご覧いただければ幸いです。
[PR]
by kozan-japan | 2012-02-10 13:02 | 掲載

ご縁の木

a0156039_22151889.jpg   

好きな木は?ときかれたら黒柿と答えています。

不思議な事に黒柿で作ったモノを通じて色々なご縁ができ、私にとって縁起のよい木なのです。

このブログでも何度か紹介していますが、自然が織り成す黒い模様は同じモノがひとつとしてありませんので

作る時はいつも新鮮で楽しませてくれ、出来上がったモノも世界でったったひとつの模様ですので愛着も増し
ます。

とても希少で高価だとい点が難点ですが、それを差し引いても魅力的な木材です。


この茶杓もはじめてクロガキで作ってから沢山のご縁を運んできてくれました。

このお茶碗の作者 陶芸家 望月 薫さんもそのご縁のひとつです。

この先も沢山のご縁がありますように!!



  
[PR]
by kozan-japan | 2012-02-08 22:20 | 木工

無事にうまれました!

2月2日23時44分 妻が無事に女の子を出産いたしました。
沢山の方々に応援していただき感謝の気持ちでいっぱいです。 どうもありがとうございました。
子は天からの授かりものといいますが、無事に生まれてきてくれて本当に嬉しいです!
誕生の瞬間に立ち会える事ができ、人間の強さ 母の強さ 命のありがたさを実感いたしました。

丸一日以上、地獄のような陣痛を乗り越えて頑張ってくれた妻と子に“ありがとう”

 
a0156039_1402840.jpg


これから家族3人で頑張ってまいります。
今後ともどうぞよろしくお願い致します。                                           木工藝小山   小山 剛
[PR]
by kozan-japan | 2012-02-04 14:04 | 暮らし