<   2012年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

86回 国展入選

a0156039_1045041.jpg 

今年もおかげさまで“欅拭漆酒膳”が国展に入選する事ができました。
一年に一度、活動の集大成を発表する場と決めチャレンジ精神で望んでいます。
悩みに悩んで作り上げた作品が美術館に展示され皆様に見ていただける事はやはり嬉しいです。

5月2日から14日まで乃木坂の国立新美術館で展示されます。
お時間ありましたら是非ご覧いただければ幸いです。
詳細 
[PR]
by kozan-japan | 2012-04-27 10:51 | 展示会

銀の匙

a0156039_20441448.jpg


欧州では銀のスプーンは、新生児の人生の繁栄を願っての贈り物で、縁起物だそうです。
大好きな金工家からプレゼントしていただいた美しい銀の匙は
いつか娘が旅立つその時に、しっかりと持たせるつもりだから
しばらくの間 私が茶匙として使わしていただこう♪ 
[PR]
by kozan-japan | 2012-04-23 20:49 | 暮らし

422

a0156039_11404875.jpg


4.22は29回目のお誕生日でした。
沢山の方々からお祝いのメッセージいただきどうもありがとうございました。
親になって初めての誕生日、感慨深いものがあります。
支えてくださっている人が沢山いるのにまだ何の恩返しもできず
はやく返せるように精進していきたいと思います。
20代最後の一年、素晴らしき一年になりますように。
[PR]
by kozan-japan | 2012-04-23 11:43

お厨子

a0156039_162521.jpg


欅の小さなお厨子。

厨子(ずし)は、仏像・仏舎利・教典・位牌などを中に安置する仏具の一種である。
広義では仏壇も厨子に含まれる。 (ウィキペディア参照)

と書いてありますが、
私は、あまり難しく考えずに思い出の品を中に入れています。



 
 
[PR]
by kozan-japan | 2012-04-19 15:57

清明

a0156039_1958620.jpg
                                                      檀香梅



やっと軽井沢にも花の季節が訪れました。
こんな日々が続けばと願いますが、長い冬があるからこそ感じられる季節なのかもしれません。


 
[PR]
by kozan-japan | 2012-04-13 20:03 | 草花

子供の名前をつけるのに画数や漢字の意味など全くしらべなかったのですが、
先日、【春風秋月】という印を彫るのに
【春】という漢字の成り立ちを今更ながら調べてみました。

三、人、日から成り立っているとおもいきや

大系漢字明解という本によると
日(ヒ) 屯(タムロ) 艸(クサ) からなりたっていて
「日は春日暖かなり。 屯は艸の寒気のために地上にでられぬもの。その屯が春暖のために推されて艸となる。これ春の義なり。」 とあります。

???
 
この本は昭和11年に書かれたモノで読んでいても意味がよくわからないのですが....
ようするに、暖かな太陽の日差しによって出てきた草の様子からこの字はきているようです。

なるほど! 草か! 
春の日差しのように温かく、草のようにたくましく生きていけるように、との願いから 【春】という名を付けた事にいたしましょう 笑

a0156039_23324926.jpg


                                            【木漆工とけし】の名入りの漆のお椀のセット

沖縄の母から出産祝いに何かという事で、沖縄の友人、木漆工とけしのお椀をリクエスト、とけしさんからもお祝いにと、セットにしてプレゼントしていただきました。
丁寧に作られた一生モノの道具  大切に使わせていただきます。
[PR]
by kozan-japan | 2012-04-02 23:45 | 言葉

あこがれの中国茶

a0156039_14010100.jpg
はじめて中国茶を淹れていただいたのは2年程前 お客様のおうちに納品に伺った時でした。
多分、70歳を超えられているであろう女性ですが、金髪が似合うステキな方
おうちの中は世界各国から集められたモノがセンスよく飾られていて
さりげなく藤田 嗣治の絵などもかけられていました。
毎回いれてくださるお茶も色々で、お菓子と器のコーディネートもさりげなくて美しい

その日は、いままで見たことない こまごまとしたお道具を使い
慣れた手つきで淹れて下さった中国茶は、まさに大人のお茶でした。
決して肩肘はった行為ではなく、ごく自然に「毎日のことよ」 と微笑む笑顔がかわいらしい

それからというもの、中国茶=大人のお茶時間   私の憧れの喫茶となりました。

最近、同じ歳の中国茶人の友人が出来て中国茶を飲む機会が増えました。
本格的に淹れたお茶は本当においしくて香りが最高ですし
こまごまとしたお道具は、やはり魅力的です。


今日から4月、色々な事に挑戦していきたいと思います。
[PR]
by kozan-japan | 2012-04-01 02:04 | 暮らし