品格

a0156039_2059399.jpgモノには品格が備わっているものとそうでないものがあります。
その違いに気がつくかどうかは、その人の感性の問題
5年前の私と今の私では、あきらかに見ている世界が違うと最近よく思いますが
モノがよく見えるようになったからと言って、よいモノを創りだせるかどうかは、また別の話
美しいモノのの価値観もまた人それぞれで
絶対的な美が存在すると言う人と
美は感受性の違いと言う人と
私にはまだまだ見えない世界です。
最終日に見にいった宮入先生の受賞作品
刀のことはまったくの素人ですが、とても品のある美しい刀でした。
他の刀と何がどう違うのかを言葉で言い表すのは難しいのですが、
写真だけでその微妙な違いを判断することはできませんので、生で拝見できてよかったです。
やはり体感にまさるモノは無いと思った一日でした。
[PR]
by kozan-japan | 2010-06-29 21:06
<< コ山 山法師?花水木? >>