徳川時代の鉋

古道具屋を覗くと大抵どこのお店にも古い鉋が隅っこの方においてあったりします。

日曜大工用の素人のものから本職用のものまで店主もよくわかっていないのが常で

私達プロがみても赤錆におおわれていれば、もうそれがどんなものなのか見ただけでは困難になります。

銘が刻んであればひょっとして掘り出し物??っと思えるものもありますが

同じ刻印を使った偽者まで出回っているので信用はできません。

後はほんの少しの手がかりと経験からくる直感で

良し悪しを判断するしかありません。

しかし、注意深くみていると、そのうち見えなかったものが見えてくることがあります。

この鉋も一見、他のものとの違いはわかりませんが、見る視点がわかってくると、明らかに違うモノとして見えてくるから不思議です。


a0156039_1423860.jpg
 
徳川時代後期 源兵衛作 材質=玉鋼.日本鉄 
[PR]
by kozan-japan | 2010-12-17 14:30 | 木工
<< 同世代へ 蜂の巣 >>